油問屋通信

当店の歩み

店舗紹介,新着情報

店を改装中に店内を整理していましたら、当店の古い写真が出てまいりました。

そこで昔の写真と共に、当店の歩みをご紹介させて頂きたいと思います。  

当店は先々代の小林鶴雄が大正十二年に日本橋村松町に油問屋として創業し、主に業務用、家庭用の食用油脂を販売いたしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

・店の前での社員の集合写真

・店頭での先々代店主の母 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・店の前の清洲橋通りの神輿

(右の写真)と

 

 

お祭り時の村松町のみなさま

(下の写真)

一番右が当店先々代の店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和20311日の東京大空襲では、店が焼けてしまいました。幸い社員一同火災から逃げ延びることができ、戦後の一時期は東京赤羽に店舗を構え商いを再開いたしました。  

 

・戦後、赤羽移転時の店舗と先代店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後現在の場所に店を移転し、今日に至っております。  

 

現在の店舗と倉庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店もおかげさまをもちまして、今年で創業88年を迎えさせて頂きます。

今後ともおいしい胡麻油と天ぷらをご提供できますよう、更に努力してまいります。  

どうぞよろしくお願い申し上げます。

                                     三代目店主 小林伸好  

店舗を改装いたしました。

店舗紹介,新着情報

 

この度、店舗を改装させていただきました!

瓦の屋根と板張りの壁にし、老舗の油問屋らしい?外見になりました  (^_^;)

 

 

店内は、以前より多少ですが広くなりまして、(たたみ一畳分くらい)

ちょっとだけ居心地が良くなりました。

 

念願のエアコンもつきました。これで夏も快適です!

 

 

ネットの骨董品屋でたまたま発見し、半世紀ぶりに戻ってきた当社の昔のホーロー看板と

最近購入したボンボン時計。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なつかしい牛乳箱のチラシ入も着けてみました。

 

 

 

 

今後ともおいしい胡麻油と天ぷらをご提供できますよう、努力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

油問屋の営業時間 月曜日~金曜日 10:00~18:00

天ぷら「鶴秀」営業時間 毎週水・木曜日 11:45~19:30 (お持ち帰り天ぷら、天丼)

揚げたての天丼は11:45~14:00まで立食にてご提供いたしております。

 

 

 

 

 

幻の天ぷら屋「鶴秀」!?

店舗紹介

当店は油問屋でありながら、実は週2回だけ「鶴秀」という名の天ぷら屋!?になります。
ごま油で揚げた天ぷらのおいしさを、知って頂きたくて始めました。
幻の天ぷら屋「鶴秀」

天ぷら鶴秀
毎週水、木曜日 AM11:45~PM7:30まで営業いたしております。

¥700からのお持ち帰り用の盛合せ天ぷらを、ご用意しております。

(AM11:45~PM2:00までは立食ですが、揚げたての天丼もご用意いたしております。)
お持ち帰り用の天ぷらをご用意しております
水、木曜日のこの時間帯にお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
のぼりが目印です。
ご来店お待ち致しております。(^_^)胡麻油を使った天ぷら

« 前の記事